FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【堤防釣り】万能なエサは?

こんにちは。
小島です。

以前、

釣りエサについてのお話を致しました。

このメルマガをご覧になられて釣りに行か
れたのであれば、

エサについては既に確認済みかと思います。

そうでない、

これから釣りに行ってみたいというあなた
の為に、

どんなエサが良いのかをお話したいと思い
ます。

堤防釣りで多く使われているエサが、

青イソメやイシゴカイが一般的です。

クリックして下さい。
↓ ↓ ↓ ↓
エサのサイトです。

他の虫エサもありますが、

釣り具店で確認してみて下さい。

これらは生きているエサで虫エサと呼ばれ
ているものです。

それに対して、

オキアミ(エビ)は冷凍エサで解してから使
います。

主に、

マダイやクロダイ(チヌ)などの魚から多様
に渡って使われています。

私自身は両方のエサを使った事があるので
すが、

良く釣れたのは、

青イソメ(虫エサ)でした。

青イソメは堤防釣りのエサとしては最もポ
ピュラーなエサであり、

どんな釣り具店でもたいてい置いてあるか
と思いますので、

入手も簡単ですので、

初心者向きといえるかと思います。

パックに入って1パック約500~600
円で販売しています。

買う時に注意する点は、

あまりたくさんを一度に買わないというこ
とです。

エサといえども、

生きておりますので釣りに使用する最低限
を買う事をおススメします。

これから暑くなる季節を迎えていきます。

青イソメ達(エサ)は、

1日、

釣り場に置いておくだけでも弱ったり、

乾燥したり、

死んだりしたりします。

エサといえども無駄にしないという気持ち
と、エサがあるから釣りが出来るという、
エサに対する感謝の気持ちを持ってもらい
たいと思います。

参考までに買う目安ですが、

大人1人子供2~3人ぐらいですと1~2
パック(2パックですと若干エサが余るかも
しれません)。

大人1人は1パックです。

これは、

釣る人数やその時の状況や、釣る時間でもど
のくらいエサを使うかは分かりませんが、

言えることは、

エサが余ってしまうよりは、足りなくなって
しまうことの方が、

釣りにおいては即、

中止を意味することになりますので、

その点は理解して下さい。

余ったエサをどうするか?ですが、

●釣り場で近く(隣)で釣っている人にあげ
る。

●家に持ち帰って保管する(冷蔵保存、冷凍
ですと凍ってしまうので不可)

家に持ち帰った場合は、

必ず、

冷蔵保存して下さい。

あまり長期間(何ヶ月も)保存するとエサは
死んでしまいますので、保存のエサをなるべ
く早い時期に、次回の釣りで使い切るように
心掛けて下さい。

何か分からない事や質問がありましたら、
質問を受け付けております。

【質問】の件名で、
teibousakana@yahoo.co.jpまでお問い合わ
せ下さい。親身になって対応させて頂き
ます。

最後まで読んでくださりありがとうござい
ました。

小島貫介

こちらの応援もお願い致します!

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

初心者でも簡単にできる!堤防釣り【入門編】
E-Mail ※
カテゴリ
QRコード
QR
ブログ紹介コーナー
相互紹介の募集しております。 コメント欄に明記して下さい。
メルマガ発行してます
メルマガ購読・解除
初心者でも簡単にできる!堤防釣りの極意

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。